透視図法

 ものを写実的に描くための方法。(後に挿絵を追加します)


ノンパースのアイソメ・アクソメ・平行透視もありますが、

遠くのものは小さく、近くの物は大きく見えるという

当たり前のようなことを表現するのが1~3点透視で

対象に対してどんな位置からどんな傾きで見るかで1点~3点透視どれを使うかが決まります。


正面でも側面でも面に対してまっすぐ平行に立って見た場合は視点の中心が右や左に寄っていても1点透視になります。

俯瞰(見下ろし)、あおり(見上げ)等の傾きがついて見た場合、面に対して平行ではなく斜めに立って見た場合、

片方であれば2点透視 両方であれば3点透視を使います。

慣れるとベースの直方体・立方体を描いてからそこから対角線分割・増殖などで意図する立体に近づけていきます。


対象が多角柱であったり物がたくさんあって 箱の空間に対して斜めに設置されてる場合、

正確に描こうとするとまたさらに消失を取る必要が出てきます。


階段を作画する場合は階段のある平面の奥行き方向の消失点の真上に階段の消失点をとります

どの程度上かは階段の角度によりますが急なほど高くゆるいほど低くなります。

 

 

アイレベル・構図・画角

戻る