上2つの動画は10分あるので流しで見るなら倍速推奨↑

 

作業効率化のため3dを利用することもあります。

 

教室・カフェなどではイス・机(テーブル)など同じものが、多数・等間隔で並ぶので3dでレイアウトの手間を大きく省くことができたりアイテムごとにpng出力したものをフォトショップでスクリプトから多数読み込むことで、アイテムごとにレイヤー分けしたpsdも作れるので便利です。

 

3dで背景モデルがあれば、アイレベル・構図・画角を変えたレイアウトも簡単に作れます。下のページで多数イラストを使って詳しく説明します。 

アイレベル・構図・画角について