Lv2:形を描く

形の描き方はいろいろあります。

それぞれ目的やメリットデメリットがあるのでそれぞれについて知っておくことが大切です。

 

見本もなくあらゆるものをあらゆるアングルから描けるのが理想ですが

まずは見たものをそのまま描けるというのが最初の段階。

 

まずどうするかというと分割単純化を行います。

分割することで枠の中を模写すると考えると難度も落ちますし、大きく形をはずす事はなくなります。

 

分割を増やすほど形ははずしにくくなりますが時間もかかることもあるので100分割とかせずぶんかつ数はそこそこで感覚も鍛えつつ正確に見えるように描くのが良いでしょう。

 

 

単純化することで、やはり形を大きくはずす事はなくなりますし、物の構造が分りやすくなる分説得力のある形になります。 

初心者のやりがちなミスは 最初から細かく描こうとする事。 

高い確率で形のバランスが狂います。 最初から形を決めてかかるのではなく

あたりを取る 近い形を描いて全体のバランスを見ながら少しづつ修正を重ねていく。  最初から100点の形をとろうとしないで70点くらいの形をつくってそこから少しづつ100点に近づける 

 

知識のない人間がトレースするより正確に見える絵になることもよくあります。

 

 

 

単純化をうまくするには構造を理解し重要な部分はしっかり描く 後は形が美しいかどうか、 その辺は物を知っていたり経験が必要かもしれません。

 

次のレベルに進む