簡単 パース定規基礎(1~3点)

1点透視

パース定規レイヤ作成したら+の中央でCtを押すと定規を移動できます。(1~3点まで共通)

中央を消失点に移動したら定規設定が完成です。

ロックをかけてペン入れレイヤを作成しペン入れで描きます。

ペン入れはベクターなので太さを変更、交点消去で交点まで消したりなど

パース線画作成で便利な機能があるのでおすすめです。

2点透視

2点透視定規レイヤを作成すると「3つポイント」が出てきます。

+の中央でCtを押し定規を移動します。 「水平線」を設定

「左右のポイントが消失点になる」ので+の水平線(アイレベル上)に置きます。

「中央のポイント」をガイドとしてアタリに近くなるよう消失点を調整しつつガイド線を確認します。

 

3点透視

3点透視定規レイヤを作成すると「5つポイントが出てきます。

縦方向のガイドと2つのポイントが2点透視定規に加算されています。

+の縦の垂直の決定 横の水平がアイレベルの決定になりますのでCt押しで調整

他は2点透視と同様です。

パース定規にて室内制作基礎オペレーション

室内背景の基礎オペレーション

四角・台形の集合である簡単な室内の作成をしてますが野外作成でも基本的には同様です。

Aレイヤ作成

M選択範囲(M=マスク)

F塗りつぶし(F=フラット)

T自由変形(T=トランスレート、Ct押し(SAI2)Sh押し(クリスタ)で台形変形

 

これを延々と続ける。

たまに

U色調補正、J明るさ・コントラスト・濃さ 

Nレイヤ名(N=ネーム)・・・等